たとえ外が、嵐でも。


飛鳥ベジフードフェスタ
無事に終わりました。


もう、色々ぎゅっと詰まって
詰まり過ぎていて


書くと長くなりそう。



ほんとに、しあわせな時間でした❤︎



藍凪での演奏も



「いのちのしま」を踊ったのも。





演奏の時は
最初色々ハプニングが起こって


雨が止んだと思ったら
私達の演奏準備に入った途端
大雨が降り出したり


セッティングも
楽器を設置しなおす事になったり
スムーズにいかなくて

持ち時間が無くなっていく・・・と

正直 ヘコみかけたのです。



だけど
にもかかわらず


私のする事は

「祈ること」

そう しっかり思ってる自分がいて。



たとえ外が嵐でも
ヘコむ氣持ちを持ってても



それは関係ない。


空に向かって祈ろう、と。

それに徹しようと。





なんだか、いつもより
音が響いている様に感じられて

堪能してました。



ここ 飛鳥の石舞台古墳の氣

そして
お祭りから放たれる
ハッピーな空氣も感じられて


氣がついたら
奏でるうちに 雨は止んで
うっすらと明るくなっていて。



公の場では
藍凪 久しぶりでの演奏だったし

楽しくて、しあわせでした❤︎


あっという間に終わっちゃったけどね!





それにしても 、あそこの舞台
みろくさんの
ネイティブアメリカンフルートの響きが凄いんだよね。

やさしくて でも 芯のある音色が
改めて、似合う♪


ああ でも
藍凪の音楽、水を呼ぶのは
お決まりなのかしらね~(^_^;)?