天川神社 奉納会を振り返って②




藍凪のオープニングが始まって
いつもの様に 自然な形で進行していく
と思った所、ハプニングが。

MIROKUさんのチャイムが掛けてあったスタンドが、突然倒れた。

幸い側にあったランプには当たらず・・・

しばしの静寂の後
何事も無かったかの様に
演奏が始まった。

いつもの様に順調に進んで行く。

MIROKUさんのネイティブアメリカンフルートの曲
「飛鳥」は
素晴らしい響きで鳴り響いた。

2人で演奏する時は
楽な気持ちでできるのだが
1人の時、歌詞を度忘れなどしたらどうしようと
前の曲の終わりになって
そんな事が ふと脳裏をよぎった。

いつもソロの時に鳴らされる
大きなウィンドチャイムは
倒れてしまっている。

珍しく 緊張しているんだと
自覚もしたりして。

いや 自分のベストを出しきるしかないでしょ と
また思い直して

再び 無へと還っていく。



私は
1人で唄い奏でる曲
「ヤサマノマガタマ」は
全身全霊で唄い奏でようと決めていた。

私の持つ
全ての音靈を届けたかった。

誰に対して?

神と呼ばれるもの
見届けてくれる人達
そして、自分自身。

昨年に続いて
この舞台で奏でられる事への感謝を
表したかったのかもしれない。

だけど、
唄い始めた声は語尾が少し震えた。
息も、思った以上に続かず
息継ぎの回数を増やして

終わった時は、悔しかった。
昨年も、声は震えていたから
ああ、進歩がないなあと・・・

他の場所で声が震えるなんて事は無かった。
今まで、天川の、あの舞台でだけ。

やはりあの舞台は、特別な場所。。


自分に対して厳しい点を付けたけれど
進歩は確実にしていたというのも
ちゃんと感じてた。

藍凪全体も
私の声と、演奏も。

昨年の奉納演奏の時は
1人の曲を終えた直後
不思議な現象が起こった。
今年は、それは起こらなかった。


でも

舞台の上両側から何人もの神様という存在が
楽しそうにこちらを覗き込んでいて

そして 真ん中あたりには
弁天様と思われる女性の神様が
「思う存分 やってごらんなさい」
と仰っていた

・・・様に感じてならなかった。

一生懸命やろうとしている私を
まるで、自分の子供の様に
「かわいいなあ」と微笑みながら見て下さっていた。

そんな感じ(笑)


ちなみに



「全身全霊で音靈を届けよう」
そう思わせてくれたのは・・・


この方 のおかげ。

「全身全霊」を肌で感じた。
こういう事なのだと
教えてもらった氣がしたのよ。

7月の例大祭。
あの時聴けて本当に良かったと思う。
天が「聴いておけ」と
行かせてくれたのかもしれないね。

サオリさんの、水や地球を想わせる絵
BURUNの演奏
舞、香り。
最後のセッション。

本当に楽しく
この素晴らしい場にいさせて頂いて
ただ感謝しかなかった。

そんな、天川での1日でした。





❁❁❁❁❁❁❁❁❁❁❁❁❁❁❁❁❁❁❁❁
15個のクリスタルボウルに囲まれて
音の響きでからだを包み込む
「音包みマッサージ」
奈良・北葛城の隠れ家風自宅サロン
「月蓮庵(つきはすあん)」にて行ってます

香芝ICより車でおよそ10分

近鉄大阪線「五位堂駅」より車で10分
大阪上本町駅より急行で23分

JR大和路線王寺駅より車で15分
天王寺駅より快速で20分

※駅までお越しのお客様、送迎いたします

詳しくはこちらをクリック↓

クリスタルボウル 璃音

水晶の楽器 クリスタルボウル奏者 奈良を中心に  関西で演奏しています。 演奏会・レッスン・ヒーリングセッション・CD購入etc