ARTGYPSY ARTSHOWありがとうございました!




16・17日は
當麻寺そばのギャラリー「ら・しい」で
∀KIKOさんの個展でした。







∀KIKOさんの描く

民族をこえて
生きとし生けるもののなかに
存在する


いのち。

宇宙。


何故だか
なつかしく感じて


いつまでも、見ていたい。






2日目の17日は
MIROKUさんとのユニット
藍凪アイナ でライブしたあと
アートショーで演奏させていただきました。




∀KIKOさんの声がとても素敵で
朗読って
こんなに素敵なものなんだって
知りました。


そして
わたしの歌声と∀KIKOさんの歌声
周波数、似てる?

歌声が重なった時
とても心地良かった。


アートショーは 奏者が変わると
おなじものでも全く違う様に見えるらしい。
∀KIKOさんの歌声も
その度に変わったり
歌ではないけど、踊りだしたり。

絵や詩だけでなく
からだ全体で表現される
∀KIKOさんのアート。



MIROLKUさんは
ちょっとご無沙汰していた間に
新しい兵器?(笑)を装備していて
また音がパワーUPしてた。


久しぶりだった
藍凪での演奏は
やっぱり楽しかった~


最近ひとりが多かったから
尚更そう感じたな。。





個展の初日
この日は16日で
たまたま
そばの當麻寺で毎月
「導き観音」の祈願会が行われる日だった。


導き観音とは
當麻寺と関わりの深い
中将姫を導いたとされる十一面観音様のことで


ずっと参加したかったけど
なかなかできずに月日が経っていたのですが


この日。
初めて会ったばかりの∀KIKOさんと
2人で行く流れになって

導き観音様由来のお水と
尺八やおりんの音で清められ
観音様につながっているという糸に触れて
お参りをして
観音様とつながりを持ったのも

何だか印象深くて。


當麻寺と観音様。
このギャラリー「ら・しい」も
蓮の花とご縁がある。



∀KIKOさんの描く蓮



観音様に護られた催しだったのかもしれないね。



個展の前の夜
降りてきたのは
安定した やさしい音調だった。

クリスタルボウルは
終始 その音調で奏でられたし
声もそうだった。



それは
胎内に還る様な
なつかしくて
あたたかい世界。


お腹の中に、宿る宇宙。


それとは別に
私たちの中にある

還る宇宙。。



素敵な 素敵な 旅でした。
 
∀KIKOさん、ノブヤさん晴奈さん、ありがとう。

みんなをつなげてくれ
個展を開催してくれたよっちゃん
よっちゃんの旦那様(車お世話になりました)
写真を撮ってくれたげんくん
ら・しいのオーナーさん、まりちゃん


そしてお越しくださったみなさん
ありがとうございました。










感謝。




(写真の一部によっちゃんの息子さんのげんくん
来てくれたあよちゃんのを使わせていただいてます)